n_image15.gif

m_image21.gif

仔猫の育て方

FC175_L.jpg 仔犬同様、家族の一員になるにあたり皆さんで色々と相談して頂く事は大切です。

 猫ちゃんの場合は交通事故・感染症・喧嘩などによる外傷など、室外に出すことによる危険が多いので、動物のお医者さんとしては完全室内飼いをお勧めします。

 またこれは先の話になりますが、猫は犬達と違い成熟しても『生理』というものがありません。 猫たちの場合は、『交尾排卵』の為に交尾する事によって確実に妊娠する訳です。

ですから、お外にも行く猫ちゃんで不妊手術をしていなければ妊娠して後で困ってしまうことになります。

その後生まれた猫ちゃん達の面倒を見きれない為に、飼い主の身勝手な考えで仔猫達を捨て、不幸な捨て猫達が後を絶たないというのが現状です。

 家族の一員となる上では、上記の内容を含めた事を、 仔猫達のお母さん代わりとなる飼い主さん達が責任を持って頂く事が必要です。

 食餌に関しては、お家に来た時はまだまだ小さく食事に対する消化・吸収能力がしっかりしていませんので、やはり仔犬同様回数を多めにして一回量を少なめにすると良いでしょう。


成長段階や生理状態による食事回数は下表の通りです。
(母猫のいない仔猫を哺乳する場合は必ず100%仔猫用ミルクで哺乳して下さい。)

生後7日まで
3時間おき/日

生後14日まで
4時間おき/日

生後21日まで
5時間おき/日

生後28~30日まで
6時間おき/日

8回

6回

5回

4回

上段は一般的な目安ですので、仔猫がおなかを空かして鳴きだした時はあげるようにして下さい。また、誤嚥を防いだり不安にさせない様、母乳を飲む時と同じような姿勢(腹ばい)や立ち姿勢で哺乳しましょう。


◆排便・排尿◆
 母猫のいない仔猫は、哺乳期に排便・排尿を自分ですることができないので、哺乳のたびに肛門や陰部をぬるま湯で濡らした脱脂綿や綿棒で軽くたたき刺激して、排便・排尿を手助けしてあげる必要があります。
 ただしこの時期は、よく仔猫は便秘をおこします。これは子猫用のミルクが消化率が高く、逆に粗繊維率が極めて低いため腸壁に刺激が少ないことで起こる症状なのです。 通常1~2日ぐらいの便秘では問題在りませんが、3日以上続く場合は早期にかかりつけの動物病院に御相談して、 ミルクのあげ方やマッサージ方法、 または医療指導を受けていただき快食快便に心がけて下さい。





  湊どうぶつ病院
    東京都中央区湊3-18-16
    TEL:03-6222-3737

m_image1.jpg

銀座 ・ 新富町 ・ 築地 ・ 明石町 ・ 入船 ・ 湊 ・ 八丁堀 ・ 新川 ・ 月島 ・ 勝どき からアクセス便利な動物病院です。



image61.gif

n_image3.gifn_image3.gif
n_image21.pngn_image21.png
image31.gifimage31.gif

n_image31.gifn_image31.gif
n_image4.gifn_image4.gif
001-1.gif001-1.gif
001-2.gif001-2.gif
001-4.gif001-4.gif
001-3.gif001-3.gif
n_image24.gifn_image24.gif
n_4.gifn_4.gif
n_image8.gifn_image8.gif
n_image9.gifn_image9.gif
n_5.gifn_5.gif
n_image13.gifn_image13.gif
m_image16.gifm_image16.gif

vh_bn03.gif

axa.gif